日本学術振興会特別研究員採用者一覧
研究情報

特別研究員制度は、我が国トップクラスの優れた若手研究者に対して、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与え、研究者の養成・確保を図る制度です。
この特別研究員に採用されるためには、厳しい審査を乗り越えなければならず、採用者の大半が国立大学所属であるのが現状です。このような状況の中、今年度新たに1名が特別研究員に採用され、計2名(下記)の特別研究員が在籍中です。これにより、現在までに本学からの採用者は合計9名となりました。

2017年

2015年

2013年

2012年

2011年

 

 

2009年

 

2008年