ニュースリリース

[学生発信ブログ]短期大学部短期大学部 ビジネス情報学科 ドリカム学習

短期大学部 ビジネス情報学科 ドリカム学習

福岡工業大学短期大学部ビジネス情報学科では職場で生かせる基礎的・基本的な知識や専門技術の修得のため、日商簿記・秘書・ITパスポート・医療事務などの資格取得を目指します。今回より多くのビジネス情報学科の魅力を伝えるために、FIT隊情報宣伝部がOGに取材しました。

夢の目標を叶えるドリカム学習

簿記・会計 秘書・実務 医療事務・福祉 情報活用 メディア・CG
企業の経営状況を把握できる人材の育成を目標に、簿記の基本的な仕組みを学びます。 社会人としての魅力ある人材育成のために、ロールプレイングなどを通し実践的に学びます。 おもてなしの心から情報スキルまで、医療事務に必要な知識・技術を磨き、即戦力を身につけます。 情報技術を活用して業務の問題発見・課題解決できる能力を育成するための基礎を学びます。 情報を効率的にわかりやすく表現するための技術を基礎から学ぶ演習科目を選択できます。

福岡工業大学短期大学部は情報メディア学科とビジネス情報学科の2学科があり、ビジネス情報学科ではドリカム学習により、社会で働くための力を身につけます。

ドリカム学習では、職業人として欠かすことのできない人間性、ITスキル、問題発見・課題解決力を専門科目を通して学習し、5つのフィールドに分かれて専門性を養います。フィールドは複数選択でき、自分の習熟度に合わせて学ぶことができます。

田崎 晶菜(たさき あきな)さん

(福岡工業大学 社会環境学部 社会環境学科 3年)
短大ビジネス情報学科のOGであり、現在は福岡工業大学社会環境学科3年次に編入しています。ドリカム学習は簿記を選択しました。

インタビューQ&A

Q1. ビジネス情報学科を選んだ理由は?

A1.他大学の受験に失敗してしまい、そんな中ビジネス情報学科が文系の大学への編入をサポートしていることを知り編入を決めました。また私は英語が好きで海外語学研修がビジネス情報学科にあったことも理由の一つです。

Q2.ビジネス情報学科で身についたことは?

A2.PCのタイピングやWord、PowerPointといったパソコン技術です。他にも秘書学概論やビジネス実務、マナーといった講義では手紙、祝儀袋の書き方、敬語など社会人に必要な知識まで幅広く学ぶことができました。

Q3.海外語学研修について

A3.アメリカのカルフォニア州サンフランシスコに3週間滞在しました。印象に残っていることは日本とアメリカの文化の違いです。例えば日本の電車内で騒ぐと周囲から冷たい目で見られますが、アメリカの車内は常に騒がしく、ライブを開催している人もいるぐらいでした。コミュニケーション能力が身についたり、Google本社など中々見ることができないものを見れたりと、とても良い経験でした。

Q4.編入しようと思った理由は?

A4.態度変容、社会的ジレンマ、バランス理論などを学ぶ社会心理学という講義に興味を持ち福岡工業大学社会環境学科に編入を決めました。編入先が決まってからは、科目等履修生として短大にいながら大学の講義も受けることができ、入学する前から大学の雰囲気などをつかむことができました。

*科目等履修生とは福岡工業大学の授業科目の履修を志願する方が、短大にいながら科目等履修生として入学が許可され、単位を授与することができる制度です。

▲社会環境学科の授業でのスライド

Q5.今後頑張りたいことは?

A5.私は人と関わることが好きで将来は旅行会社や空港で働きたいと考えています。そのため社会環境学科で国際経済について力をいれ、学んでいます。また就活に向けてSPIの勉強やインターンシップへの参加など積極的に取り組んでいきたいです。

今回の取材はFIT隊情宣部システムマネジメント学科3年諸藤、記事編集は同じく情報工学科2年小早川、情報メディア学科2年五反田が行いました。

 

 

 

トピックス   2016/12/16