ニュースリリース

第1回SINAPS九州Jamboree開催!

全国の大学生や企業が集結!!研究発表や交流を行いました

3月17日(土)に福岡工業大学FITホールにて、第1回SINAPS九州Jamboreeが開催されました。中野萌士さん(情報システム工学科4年)が大学一年生からFITポケットラボにて自主研究を行い第5回サイエンス・インカレで受賞。その後も研究活動を続けた結果SINAPS九州支部長に就任し、今回の九州初Jamboree開催に繋がりました。
今回のSINAPS九州Jamboreeでは、全国から集結した4大学(高専含む)28名の学生による口頭発表3件とポスター発表5件が行われ、中でも優秀な発表を行ったグループに口頭発表優秀賞とポスター発表優秀賞が授与されました。また、東京エレクトロン株式会社より2名の方がお越しになり、企業公演と東京エレクトロン賞を贈呈してくださいました。
本学からは教員含む22名が参加し、青木 咲耶さん(システムマネジメント学科3年)が「モチベーション向上を目標としたランニングアプリケーションの開発~応援の力であなたの能力は向上するのか」という題目で東京エレクトロン賞を、高山 篤史さん(情報システム工学科3年)が「IoTシステムを実践的に学べる教育教材の開発~次期学習指導要領のその先へ~」という題目でポスター発表優秀賞を受賞し、表彰されました。

▲第1回SINAPS九州Jamboree参加者の集合写真
沢山の人の支えが有り、今回のJamboree開催を行うことができました。自分の夢であった「小さいながらも成功を体験できる空間」を作ることができました。今後も続けていきたいと思います。次回の開催は2018年夏予定です!
中野 萌士(情報システム工学科4年)
※SINAPSとは サイエンス・インカレ経験学生を中心に、サイエンス・インカレの魅力発信および自主研究に取り組む学生の裾野を広げる活動を組織的に行うことを目的にされた組織です。 (SINPS:https://www.sinapsweb.com/)

※サイエンス・インカレとは 自然科学分野を学ぶ全国の学生を対象として行われる、文部科学省主催の研究発表会です。日頃の研究の成果について学生が切磋琢磨するとともに、将来の研究活動へのインセンティブを沸き立たせる場を設けることにより、生の能力・研究意欲を高め、創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的としています。(サイエンス・インカレ:http://www.science-i.jp/
▲ポスター発表の様子
▲東京エレクトロン賞の贈呈
▲口頭発表の様子

【第1回SINAPS九州Jamboree運営委員会】
第1回SINAPS九州Jamboree総括:中野 萌士(情報システム工学科4年)
実行委員:宮地 頼太、藤川 眞麗惠(情報システム工学専攻2年)、中川 朋奈、宮本 知佳(情報システム工学専攻1年)、佐藤 未帆(情報システム工学科4年)、神園 弘大、甲斐 遼太郎、箱嶋 健太、井上 輝章、高崎 真琴、神園 弘大、青柳 慧(情報システム工学科3年)

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2018/03/29