ニュースリリース

【在学生の方】夏季休業中における諸注意事項(注意喚起)

在学生のみなさまへ

夏季休業中は開放感から気が緩み、思いがけないトラブルや、事件・事故に巻き込まれかねません。そのようなことのないよう、下記留意事項を踏まえ、休業期間中も本学の学生であることを自覚して、節度ある行動(マナー・モラルUP)に心掛けて生活してください。皆さんの夏休みが、実り多いものになることを願っています。

1.合宿・旅行上の注意

  • クラブ・サークルの合宿は、所定の様式で必ず学生課に事前に申し出てください。
  • 個人の旅行日程、滞在場所、連絡先等は、予め家族や友人に確実に伝えておきましょう。
  • 海外では皆さんを巻き込む犯罪やテロ、地震・津波などの自然災害、また感染症などの様々な危険があり、事前の情報収集と十分な注意、そして保険の加入が絶対に必要です。
  • 海外への旅行、留学の場合は、報道及び渡航先最寄りの日本国大使館又は総領事館から最新の情報を入手するとともに、外務省が実施している渡航登録サービスへの登録を利用するなど、いかなる国・地域においても安全確保に十分注意しましょう。

2.危険ドラッグ等薬物乱用や未成年の飲酒の厳禁

  • 危険ドラッグ等の薬物への誘いには十二分に気をつけ、誘われても毅然と断る勇気を持ちましょう。
  • 未成年の飲酒は法律違反です。また、『イッキ飲み』や飲酒運転も厳禁です。
    ※飲酒の強要は犯罪です。飲み方によっては体を害し、最悪の場合には死に至ります。
    『イッキ飲み』をさせた側が、傷害致死で告訴されたり、損害賠償を要求される事例があることを十分に認識してください。

3.深夜の騒音発生について注意

  • 夜遅くまで公園や友人の家で騒ぐことは、近隣トラブルや苦情の原因となります。時間帯やボリュームには十分配慮しましょう。

4.バイク・自転車等、交通ルールやマナーの遵守

  • バイクや自転車の交通事故が多発しています。
    交通ルール・マナーをしっかり守り、安全運転に心がけましょう。
    特に、自転車の乗り方について市民の方々から多くの苦情が寄せられています。
    車道もしくは自転車専用道のあるところでは、自転車は原則としてそこを走行しなければなりません。
    横断歩道を含め歩道走行が許されるのは、危険防止のための例外的な場合だけです。
    ちょっとした気の緩みが、歩行者を巻き込む大きな自転車事故につながります。そうした事故を起こすと、学生であっても加害者として処罰され、賠償責任を負わねばならなくなる可能性があります。

5.SNS利用のマナーとモラルについて注意

  • ホームページやSNSは不特定多数の人が閲覧できます。ネット上に個人情報を公開することには相応のリスクが伴うことを強く認識してください。また、他人の個人情報を本人の許可なく掲載することは厳に慎んでください。また、SNS関連のトラブルも後を絶ちません。LINEやFacebook 等SNSの利用は、マナーと時間的節度を持ち、健全に利用しましょう。
  • 「インターネットコミュニティ学生利用ガイドライン」を是非熟読し、SNSの誠実かつ適正な利用に努めてください。

6.インターネット詐欺について注意

  • インターネット上でのワンクリック詐欺や、ネットショッピング利用詐欺等が横行しています。万一詐欺被害に遭った場合、または不審に感じた際は、学生課もしくは消費生活センターへ相談しましょう。

7.マルチ商法詐欺への注意

  • マルチ商法への勧誘は、毅然と断りましょう。自らが借金を負い被害者となる場合や、友人や親類との関係が壊れる場合があります。そのような勧誘を受けた方は、すぐ学生課へご相談ください。

8.深夜労働、車両運転、危険作業等を伴うアルバイトの禁止

  • アルバイトは、深夜労働、車両運転、危険作業等を伴うものは避けましょう。   (B棟1階の学内アドバンスを活用してください)

最後に

決して軽率な行動はせず、トラブルに巻き込まれないよう周囲にも注意し、有意義な夏休みを過ごしてください。9月にみなさんの笑顔にお会いできるのを楽しみにしています。

その他、トラブルや事故に巻き込まれた場合は、警察または学生課へご連絡ください。
●学生課電話番号:092-606-0654 (平日9時~17時、8/13(月)~17(金)は窓口閉室)
   ※大学休業中及び土日祝日については、守衛室に連絡のこと。(092-606-3131)

 

 

お知らせ   2018/07/25