• ホーム
  • ニュースリリース
  • トピックス
  • [情報システム工学科]徳安 達士 教授と大分大・オリンパス㈱との共同研究開発のソフトが内視鏡外科手術にて世界初の検証実験成功!

ニュースリリース

[情報システム工学科]徳安 達士 教授と大分大・オリンパス㈱との共同研究開発のソフトが内視鏡外科手術にて世界初の検証実験成功!

福岡工業大学が、大分大学医学部消化器・小児外科、精密機器メーカーのオリンパス株式会社と共同で取り組んでいる人工知能を用いた内視鏡外科手術を補助するソフトウェアの開発において、平成30年12月大分大学病院にてこのソフトを用いた世界初のナビゲーション手術が行われ、大分大学は同手術の成功を平成31年1月17日に発表しました。

この取組は、日本医療研究開発機構(AMED)の「未来医療を実現する医療機器・システム開発事業」の一環で、研究代表者は大分大学医学部消化器・小児外科の猪股雅史教授。福岡工業大学は、同取組において人工知能ソフトウェアの開発を担当しています。内視鏡外科手術が最も普及している胆嚢摘出手術で開発を進めており、安全に手術を進めるためのいくつかの目印(ランドマーク)を手術映像上にリアルタイムで表示する技術の開発を行っています。
このシステムは、大分大や日本内視鏡外科学会が保有する約100症例の手術動画から生成した数万枚の手術画像をAIに学習させることで、熟練医が経験から覚えた「暗黙の知」をコンピュータが解析し、手術を安全に進めるためのランドマークを手術映像上に表示するものです。このシステムが提示する情報を見ながら手術を行うことで、手術の安全性を高めることが期待されています。
開発者である徳安達士教授(情報工学部情報システム工学科)によると、「この取組では、人工知能は内視鏡外科医の臨床的観点から精度の善し悪しが評価されるので、手術現場で役に立つまで人工知能を成長させるのに様々な工夫が必要であった」とのこと。現在、開発チームは臨床試験・治験の準備に取り組んでいます。

 

今回の大分大の発表については、以下に掲載されています。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2019/01/23