ニュースリリース

[情報通信工学科]国家試験の一部免除認定制度を活用して『第一級陸上無線技術士』を取得

情報通信工学科4年 越智章仁さん、徳安優太さん、池田直輝さんが第一級陸上無線技術士資格を取得しました。
3名は情報通信工学科(総務大臣の認定を受けた学科)の卒業により、第1級陸上無線技術士の「無線工学の基礎」の試験が免除となります。先だって他3科目をすでに合格しているため、卒業とともに同資格を取得することとなります。

免除外の3科目については、学科主催の時間外の対策講座に参加したり、自学で過去問題を9年分も解いたりと、それぞれの取組で合格を勝ち取った3人。1年次より資格取得を視野に入れて計画的に履修を進め、学科の科目の学習が試験勉強に直結している内容も多いため、授業や日々の学習を大切にされたとのこと。また、共に資格勉強をする仲間の存在も大きかったそうです!

▲左から
情報通信工学科4年 越智 章仁さん(朝倉高校出身)
内定先:西日本電信電話株式会社
情報通信工学科4年 徳安 優太さん(武蔵台高校出身)
内定先:株式会社SYSKEN
情報通信工学科4年 池田 直輝さん(武蔵台高校出身)
内定先:CTCテクノロジー株式会社
『第一級陸上無線技術士』とは・・・
20種類以上ある無線通信設備の技術操作に関する最上位にあたる難関資格であり、放送局、携帯通信業者、官公庁無線通信設備など日本国内のあらゆる無線設備の技術操作が可能になります。
またこの有資格者は他の電気通信関係の難関国家資格(電気通信主任技術者、電気通信の工事担任者(AI・DD総合種))の試験の一部が免除され、放送事業や電気通信事業等の就職には大変有利な資格となります。

■ 情報通信工学科の資格取得支援 ■

  • 無線従事者長期型養成課程修了で4年次に無試験で取得できる資格
    『第一級陸上特殊無線技士』『第二級海上特殊無線技士』『第三級海上特殊無線技士』
  • 国家試験の一部免除認定制度により、所定のカリキュラムを修了することで一部試験免除になる資格
    『第一級陸上無線技術士』『電気通信主任技術者試験』『工事担任者試験』

他にも様々な資格取得支援講座を開講しています。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2019/03/22