大学院概要
研究科長ごあいさつ

工学研究科長ごあいさつ

“高度なグローバル人材として世界へ飛び立とう!”

研究科長 大山 和宏研究科長 大山 和宏

福岡工業大学で学んでいる皆さんへ

皆さんもご存知の通り,福岡工業大学は高い就職率を誇っています。その就職率を支えているのは,学部卒として就職した皆さんの先輩たちです。その先輩たちが卒業間際になって研究の面白さに気がつくことがよくありました。もし彼らが大学院に進学することができていたら,有望な研究者となり,素晴らしい研究成果を残すことができたのではないかと残念に思います。卒業前に研究の面白さに気がついても大学院への進学は難しいのが実情です。

さて大学院は何のためにあるのでしょうか?

研究開発を行っている多くの企業は,学部卒ではなく大学院卒を募集しています。本学においては,学部卒でも高い就職率を誇るので,単に職業を得るのが目的であれば大きな利点とは言えません。しかし研究開発職を目指すのであれば大学院への進学は必須となってきています。

大学院と学部の違いは,学び方にあります。学部教育では講義が中心となり,受け身の姿勢で学ぶことが多いです。それと比較して,大学院では研究が中心となり,誰もやったことのない新しいことにチャレンジします。学部で培った基礎を応用し,高度な専門知識を貪欲に吸収しつつ,創造していく必要があります。全てが自発的な学びとなります。

大学院では,博士課程では勿論のこと,修士課程でも学会発表を体験します。中には国際会議で発表できる人もいるでしょう。学会発表では,他大学の研究者だけでなく,企業の研究者とも交流できます。また国際会議では世界中の研究者と交流できます。交流を通し,自分の未熟さに気が付くことができ,ライバルたちと切磋琢磨することもできます。学部ではできない体験です。

指導教員の懇切丁寧な研究指導を通じて,文書作成能力,プレゼンテーション能力,コミュニケーション能力(英語を含む)など,将来仕事をしていく上で必要な能力が身に付きます。就職してからも安心です。

このように大学院に進学したら良いことが沢山あります。これから4年生になる皆さん,最初から就職と決めつけず,ぜひ大学院進学も考えてみてください。

福岡工業大学大学院への進学を検討している皆さんへ

大学院工学研究科は、修士課程8専攻と博士後期課程2専攻からなっており、工学系大学院としての全てを備えており,幅広い専門領域をカバーしております。従いまして,国内外の大学で学部コースを終了した理工系学生であっても問題なく入学できます。また各専門分野でご活躍の社会人の方々にも門戸を開いており,満足して頂ける研究レベルを維持しています。本学の教育スタッフの高い研究指導力と高度な研究設備を生かした教育研究が行われており,その成果は各分野での学術誌や学会での研究発表で確認して頂けると思います。

やる気に満ちた皆さんの入学をお待ちしています。

 

社会環境学研究科長 ごあいさつ

“環境感性の高い社会に役に立つ人材育成”

研究科長 李 文忠の写真研究科長 李 文忠

今日の環境問題は、18世紀ごろの産業革命から今日にかけて人間の諸活動が増大した結果といわれています。人間の諸活動は大量生産、大量消費、大量廃棄をもたらし、その勢いはとどまるところをしりません。こうした活動が自然破壊、地球温暖化、異常気象、人口問題、エネルギー問題、水問題等の様々な社会問題としてクローズアップされています。つまり、人類の生活の利便性向上のために科学技術の発展の成果を享受するという産業革命以降の我々の生き方に問題があったのではないかを問い直す局面にあります。

2015年11月30日から12月11日までフランスのパリで気候変動枠組条約第21回締結国会議(COP21)、が開催され、京都議定書(COP3)に続く、2020年以降の新たな温暖化対策の枠組みが国連加盟国の196カ国の合意のもとに正式に採択された。その後主要各国の批准により、2016年11月4日に「パリ協定」が発効することになりました。1997年12の京都議定書からパリ協定まで20年弱の月日が経過したことになります。このことはいかに今日の環境問題の解決が困難であるかを示しています。

福岡工業大学では、「環境感性の高い社会に役に立つ人材育成」をするために、2001年に社会環境学部を設立し、つづいて2007年に社会環境学研究科を設立しました。社会環境学とは、持続可能な社会を構築するために、主に人文・社会科学分野からのアプローチを中心に、環境問題に対してその最適な解決策を総合的に探求する学問であります。具体的には、経済経営、法・政策、人間社会の学問からアプローチすることによって複雑な環境問題を解明し、対策を見いだすための研究を行っています。

本研究科においてこれまでの修了生は一般の学生はもとより、具体的なテーマを抱える社会人学生から留学生まで環境問題に関心を深め、研究しようとする意欲のある人々に門戸が開かれています。多くの熱意ある学生諸君が集うことを期待しています。