教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
電気工学専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

  本専攻では専門分野を電気基礎学、情報制御工学、電力工学、電気応用工学の4つの専修分野に分けており、学生は特別研究の指導教員によっていずれかの専修に在学中所属して、指導教員との協同作業で研究にあたります。特別研究は問題の発見や解決の手法を実地を通して学ぶ最も重要な機会となります。また、学会で1回以上の研究発表を行うことが修士論文審査において義務付けられますが、学会での議論は研究に活力を与えるとともにプレゼンテーション能力を高めることにつながります。専攻の教育研究目的に資するたに各専修には4科目の講義・演習をそれぞれ設けています。学生は専門性の向上のため自分の属する専修から所定単位を修得すること以外は、特に科目に関する制限はありません。学部に比べてさらに深く掘り下げた、あるいは先端トピックスをとりあげた講義・演習に積極的に参加することで専門性を高める機会が得られます。
  共通科目は専門の基礎となる数学・物理をより深く学ぶことを目的にしています。これらの基礎がしっかりできていることは将来にわたって専門的能力を高めるうえで有意義です。また、産業のグローバル化という時代趨勢に対応するため英語関連の科目があらたに強化されています。専門的能力の一つの要素としても、また就業力を増すためにも、積極的な参加を強く薦めます。