工学研究科 修士課程
電気工学専攻

現代社会を支える基盤産業から先端産業まで
幅広い分野で活躍できるエンジニアへ。

教育・研究内容

 本専攻では、学生は入学直後から、(1)電気基盤学、(2)電気エネルギーシステム工学、(3)情報制御工学、(4)電気機器・パワーエレクトロニクス、の4つの専修区分の1つに所属して、教員の個別指導を受けながら勉学と特別研究に取り組みます。各区分では、(1)新しい分野の開拓や先端的基礎技術の修得、(2)電力系統、新エネルギー、(3)電子・情報・システム領域、(4)交通運輸・社会システム・家電など、幅広い産業分野を意識した特色ある教育・研究を行っています。本専攻で身につけた専門知識や問題発見能力、問題解決力は、今後の職業人としての人生に大きな力となることが期待されます。

▲スイッチトリラクタンスモータ
を用いた電気自動車の開発

担当教員及び研究テーマ

区分 担当教員 研究テーマ 研究業績・
研究室リンク
電気基礎学 教授 博士(理学)
北川 二郎
新しい光機能性を有する磁性材料の開発に関する研究 ・研究業績
准教授 博士(工学)
鈴木 恭一
異種半導体接合およびトポロジカル絶縁体の電子・スピン物性に関する研究 ・研究業績
助教 博士(工学)
北﨑 訓
環境に優しいプラズマ技術を用いた医療・農業応用に関する研究 ・研究業績
電気エネルギー
システム工学
教授 工学博士
梶原 寿了
球雷に関する研究 ・研究業績
助教 博士(工学)
田島 大輔
新しい蓄電材料の開発に関する研究 ・研究業績
情報制御工学 教授 博士(工学)
高原 健爾
リニアジェネレータの設計と制御に関する研究 ・研究業績
准教授 博士(工学)
辻野 太郎
不確かさをもつシステムの制御に関する研究 ・研究業績
電気機器・パワーエレクトロニクス 教授 博士(工学)
大山 和宏
電気自動車の交流機制御に関する研究 ・研究業績
教授 工学博士
松尾 敬二
エレクトロニクスやコンピュータを用いた、プラズマの新しい計測法の開発・研究 ・研究業績
共通科目 助教 博士(理学)
進藤 久和
  ・研究業績
助教 博士(理学)
中西 真大
  ・研究業績