修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)
情報システム工学専攻

修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)

情報システム工学専攻の修了生には,情報システムへの多様な社会的需要に対応し,新たな情報社会の基盤作りに貢献する技術者としての活躍が期待されます。
そのため,修了生には習得した知識と技術による問題発見および創造的解決能力と,得られた学術的成果を社会に還元するための豊かな表現力を身につけていることが要求されます。
これらの能力を身につけるため,当専攻が定めるカリキュラムにおいて所定の単位数を取得し,特別研究によって得られた研究成果を国内外の学術会議または学術雑誌において公表するとともに,これらの成果を修士論文してまとめ論文公聴会を経て,所定の審査に合格した場合に修了が認められます。