修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)
生命環境科学専攻

修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)

  所定の単位を修得するとともに、それぞれの専門領域における研究活動を行い修士論文を作成し、その審査に合格することが必要です。さらに、その成果を学術雑誌や学術講演会等で公表することと、一定の英語能力を身につけることが求められます。