ニュースリリース

[情報通信工学科]2名が国家資格『工事担任者』(AI・DD総合種)試験に合格

情報通信工学科4年2名が国家資格である「工事担任者(AI・DD総合種)」の資格試験に合格しました。「工事担任者」は、電気通信系3大資格の一つで、電気通信回線と端末設備等を接続するために必要とされる資格で、AI・DD総合種はその最上位資格となります。
アナログ電話回線やデジタルデータ回線(現在整備が進められている次世代ネットワーク(NGN)などのIPネットワークを含む)などに、さまざまな端末設備等を接続する工事を行い、あるいは監督する役割を担っています。「工事担任者」はこれからの情報通信ネットワーク社会を支えるネットワーク接続技術者(通称)として期待され、その活躍の場はますます拡がっています。

<合格者のコメント>
3年次に「第1級陸上無線技術士」を取得し、その科目免除を生かしてこの資格を取得しました。(3科目中1科目免除となります。)資格試験対策としては、3カ月ほどかけて過去問題10回分を繰り返し解き、知識をつけました。今後は大学院に進学し、次は「電気通信主任技術者」の資格取得を目指します。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2019/08/21