ニュースリリース

[情報工学部]クラウドアプリ開発入門講座を実施しました

8月下旬から9月上旬の6日間、情報工学部において6日間のクラウドアプリ開発入門講座が実施され、情報工学部の学生19名、短期大学部の学生1名 計20名が参加しました。

クラウドアプリ開発入門講座は、プログラミングの講義のレベルを超えたより高いレベルの技術を望む学生に、カリキュラムの進行とは別に、早い時期から高い技術を習得する機会を設け、実践的ICT技術者をより多く輩出することを目的として情報工学部が開設しているもので、今年度で8年度目の取組です。原則情報工学部の1年生~3年生のC言語またはJava言語の基礎を学習している学生を対象に希望者を募り、今年度は情報工学科石原研究室修士OBで株式会社早信国際の黒田 和也氏を講師に迎え、6グループに分かれ、独自のアプリ開発に取り組みました。
今後は11月に成果報告会が開催され、グループごとにデモ動画とともに成果を報告します。また、希望者は12月に開催される「九州アプリチャレンジ・キャラバン」(九州の学生のための育成型アプリコンテスト 主催:九州アプリチャレンジ・キャラバン2019実行委員会 共催:福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議)出場も目指します。
後列左端:情報工学科 石原真紀夫准教授 前列中央:講師の株式会社早信国際 黒田和也氏 前列右端:情報通信工学科 前田洋教授

 

メンバーと意見交換しながら開発を進めます
黒田さんより、プロとしての開発の厳しさも教わりました
講座の様子

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2019/09/13