ニュースリリース

『課題解決型インターンシップ』 -成果報告会-開催されました

10月16日(水)E棟3階R1教室にて、「就業実習・インターンシップⅠ」課題解決型成果報告会を開催し、学生15名が、受入先担当者、メンター教職員 総勢120名を超える前で、プロジェクトごとに活動についての報告を行いました。

課題解決型インターンシップでは、担当のFD推進機構特任教員 宮本知加子先生の指導のもと、企業が実際に抱える課題に取り組み、課題を解決するためのプロセスを実践することで、実社会でも応用可能な汎用的能力を養うことを目的として、1ヶ月間のインターンシップを行いました。この日は、受入先の方々にもお越しいただき、成果報告会を開催しました。プロジェクトごとにスライトにて発表。課題解決に対しての取り組みや成果、インターンシップでの学びや今後の大学生活での課題などを伝えました。

  プロジェクト受入先 プロジェクトテーマ
1 株式会社 スミリオン Webサイト制作会社における実践的な仕事の体験
2 株式会社 福岡情報ビジネスセンター システム開発プロジェクト潜入
3 社会福祉法人若宮福祉会 東青葉保育園 イベントの企画と実施/ホームページ内のブログによる保育園の広報活動
4 一般社団法人 新宮町おもてなし協会 人口増加率全国1位(22.93%)の新宮町!新宮町の魅力発見・発信プロジェクト
5 古賀市役所 経営企画課 古賀市における多文化共生の推進に係る研究
6 福津市役所 まちづくり推進課 読まれる「広報ふくつ」を目指して
7 島原市役所 政策企画課 恋するしまばら 島原恋婚(れんこん)大作戦
8 日本情報クリエイト株式会社 都城市企業の採用活動を考える

 

一ヶ月のインターンシップを乗り越えた学生の発表は、とても清々しく頼もしいものでした。数ヶ月前とはいえ、事前指導の時とは違った学生の佇まいに成長を感じ、とても嬉しく思います。課題解決型インターンシップは、実際に企業が抱える課題に触れることができるからこそ、「リアル」に社会の一員としての視点を持つことができます。その成果は「基準の変化」に現れていました。「学生」ではなく、社会人として求められる基準です。今回の学びを糧として今後の大学生活で活かしてくれることを期待しています。 担当:宮本知加子

8プロジェクトの実習報告につきましては、担当学生自らまとめたキャンパスメールをプロジェクトごとに発行予定です!ご期待ください。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2019/11/01