ニュースリリース

外務省から講師を招いて「海外危機管理セミナー」を開催しました

12月3日(水)、本学教職員を対象にした「海外危機管理セミナー」を開きました。昨今、邦人が海外渡航先でのテロや暴動、自然災害に巻き込まれるケースが発生しています。本学でも調査活動や国際学会などでの国外出張は増加傾向にあるため、 この度、外務省領事局・海外邦人安全課の松前 了邦人援護官を特別講師としてお招きして、海外における危機管理について講演をいただく機会を設けました。

講師:外務省領事局・海外邦人安全課 松前 了邦人援護官

セミナーでは、過去10年間における日本人留学生の重大事例や、自然災害、テロ情勢の情報に加えて、犯罪被害に遭いやすい状況、犯罪被害に遭わないための対策についての講義がありました。松前氏は各国在外公館にて長年勤務された経験があり、実体験を踏まえた危機管理対策の話には出席者も聞き入った様子でした。

後半のケーススタディでは、派遣した学生が渡航先で事件に巻き込まれたことを想定し、各グループで事件発生時の初動対応について話し合いました。本学と附属城東高校では近年、学生や教職員の国際学会や海外研修等による海外渡航件数が増加傾向にあり、本セミナーで得た情報を学生・生徒への指導や海外出張時の危機管理に役立たせることを期待しています。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2019/12/06