ニュースリリース

[短期大学部] 情報メディア学科 2019年度プロジェクトⅠ学習発表会実施

2020年2月7日(金)本学短期大学部において今年度のプロジェクトI学習発表会が開催されました。学生たちは各プロジェクトの学習成果を作品やパネルとして展示、学生同士で熱心に質疑応答などが行われました。今春開設の新学科では、プロジェクト学習の特色を引き継ぎながら、19科目のPBL(課題解決型学習)として展開予定です。

<プロジェクト学習>

将来の目標に合わせて「デジタルゲーム」「Webデザイン」「インテリア・CAD」「Webプログラミング」「ITエンジニア」「CG・映像・サウンド」「ロボット」の7つのプロジェクトから選択し、講義と演習を通して実践的な知識が身につく学修スタイルです。
Webデザインプロジェクト
Webサイトやネットショップの企画、サイトデザイン、画像編集といった一連の仕事の流れを学び、利用者にとって、「最良のデザインとは何か」を考えることができるWebデザイナーを育成。新商品のプロモーションサイトなどの制作を通して、企画力やプレゼンテーション能力も身につきます。
インテリア・CADプロジェクト
設計図を作成するCADソフトや3D―CGソフト、グラフィックソフトを駆使して空間デザインを行うとともに、部屋のミニチュア模型などを製作し、インテリアデザインに不可欠な技術を修得。建築関連の職業やプロダクトデザインなどの就職に有利です。
Webプログラミングプロジェクト
ネットショッピングやFacebookなどのWebアプリケーションの開発に必要なクライアント側技術(HTML5やCSS、jQueryなど)とサーバ側技術(PHPやデータベースなど)を修得。実際にショッピングなどのWebアプリを構築しながら行う実践的な授業で、スペシャリストとしての技術を磨きます。

 

ITエンジニアプロジェクト
ネットワーク技術を学び、インターネットのエキスパートとして活躍できるITエンジニアを目指します。ITエンジニアは人材が不足しているため、情報系企業はもちろん一般企業の情報部門での活躍も可能。タブレットPCで使うAndroidアプリの開発にも取り組んでいます。
CG・映像・サウンドプロジェクト
PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使ったグラフィックデザインのテクニックから、3dsMaxによる3D-CGアニメーション制作技術、映像編集など、映像作品に欠かせない各々の制作技術を修得。デザイン系の職種で活かせる汎用性の高い力を身につけます。
ロボットプロジェクト
「ハードウェア=ロボットの神経と体」、「ソフトウェア=ロボットの頭脳」という考えのもと、ロボット開発を通してハードとソフトの両方をバランスよく学びます。講義だけでなく、チームで力を合わせて製作を行うことで自然と協調性が身に付くのも特徴です。

 

デジタルゲームプロジェクト
ゲーム制作を通して、プログラミング、ソフトウェア、コンピュータの技術を修得。「自分の考えたゲームを完成させる」という目標を掲げ、企画からゲーム制作を行います。プログラミングの授業が多いため、将来は幅広いソフトウェア開発分野への就職が可能です。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2020/02/21