ニュースリリース

福岡東警察署による強化クラブ学生への 防犯講演会を開催しました

全国で大学生が巻き込まれる様々な犯罪が多数発生している中、先日相次いで大学生による大麻所持が大きく報道されました。 また、知らず知らずのうちに犯罪に加担してしまっているケースも多数報道されており、最近では、居酒屋客引き(キャッチ)、振り込め詐欺などの特殊詐欺に加担してしまう等、巧妙な手口で簡単高収入を謳い文句に、犯罪意識もなく手を染めている大学生が増加しています。 このような状況の中、本学を代表する強化クラブ(硬式野球、ラグビー、女子柔道、吹奏楽団)の学生を中心に全学生へ呼びかけ、東警察署による講演会を実施しました。強化クラブの学生は全員が参加し、講演に熱心に耳を傾けていました。

講演の主な内容は、大麻だけではなく覚醒剤やMDMAなどの違法薬物の怖さや、それらはすべて暴力団の資金源になっていること、また、先輩や知人に誘われて、短時間で稼げるバイト感覚のキャッチや振り込め詐欺の出し子、受け子、また、知り合いや恋人に荷物を運ぶことを頼まれて何の疑いもなく違法薬物の運び屋とされたケースなど、実際に大学生が犯罪の意識もなく逮捕された事例などを紹介されました。

最後に、犯罪の実態に驚いている学生達へ、薬物はもちろんのこと、簡単に稼げるバイトなどないので、先輩、友人、恋人などから勧められても断る勇気を持ってほしいこと、また、自分だけの問題ではなく家族・親戚はもちろんのこと、クラブ・サークルの仲間、就活中の学生、既に卒業し就職している先輩など、多くの方々へも迷惑が掛かりかねないことを認識し、人生を棒に振らないことを肝に銘じて学生生活を送ってほしいとの強いメッセージで講演会は終了しました。
東警察署刑事第二課長 久野大輔警部
  • 講演テーマ:
    学生が巻き込まれやすい犯罪の手口と事例
  • 日時:2月7日(金)15:30~16:30
  • 会場:C棟B1 地下ホール
  • 受講者:強化クラブ4団体合計176名 

 

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2020/02/27