ニュースリリース

令和元年度 モノづくりセンター プロジェクトリーダー研修 実施

2020年2月21日(金)から22日(土)にかけ湯布院FITセミナーハウスにおいてモノづくりセンターのプロジェクトメンバー16名、教職員4名が参加し、プロジェクトリーダー研修が行われました。この研修は今年度で8回目の開催になります。
今年度の研修は、「交友を深め、プロジェクトの問題点を見直そう」をテーマに、「サイエンスフェスタ2020inFIT(本学が主催する小学校3年生から中学生までを対象にした科学技術のイベント)の計画」、「プロジェクト毎の問題対処」を題材に、アクティブ・ラーニング型研修で行いました。 初日は、研修に先立ち河村モノづくりセンター長より、「楽しいモノづくり」について講話があり、先生の子供時代のモノづくりから大学での研究開発について、体験談を交えてお話され学生は興味深く聞き入っていました。

その後、第1ステージでは、「サイエンスフェスタ2020 in FIT」を成功させるために、学生達が運営スタッフになったと仮定して、どのような準備をすればよいか、当日はどのような運営をすればよいかを4~5名のグループに別かれ、夜遅くまでディスカッションし纏め上げました。
2日目の第2ステージでは、プロジェクト毎の班に別かれ、プロジェクトの問題対処表を作成しました。  その後、第1、第2ステージのディスカッションの議論結果を発表し、質疑応答を行いました。「サイエンスフェスタ2020inFIT」を題材にしたグループワークでは、学生達の斬新なアイデアが数多く挙げられ、今後の準備・運営にも多いに役立つ内容となりました。
今回の研修は各プロジェクトから実行委員を選出し、その役割分担を明確にして学生が自主性をもって運営にあたりました。

二足歩行ロボット、ロボコン、ロボット相撲、ソーラーカー、手作りアクセサリー、4輪2輪メンテピットの各プロジェクトから16名と教職員4名が参加しました。

 

~研修を終えて~

今年度は、内容を今までのものと変更し、「サイエンスフェスタ2020inFIT」の運営案を実践に役立てる内容にまとめる話し合いを行いました。 このような変更を行い、上手くいくかどうか不安でしたが、皆の協力もあり、無事に成功させることが出来ました。 また、去年と同じく行ったプロジェクト毎の問題点の話し合いも、これからの取組みとしてわかりやすくまとめることができ、大変有意義なリーダー研修とすることが出来ました。     

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2020/03/23