ニュースリリース

[図書館]第24回学生選書ツアーを実施しました

2021年6月21日(月)~25日(金)にかけて、福岡工業大学附属図書館が実施した学生選書ツアーに20名の学生が参加し、112冊を選書しました。今回は、新型コロナウイルス感染症対策のため、紀伊国屋書店福工大ブックセンター(本学C棟1F)にて学内開催といたしました。

新型コロナウイルス感染症対策を講じた学生選書ツアーについて

昨年度は新型コロナウイルスの影響により、実施がかなわなかった選書ツアーですが、今年度は新型コロナウイルス感染症対策として、参加学生の希望を取りながら実施日を分散し、1回あたり1~2名の体制で1週間に渡り実施いたしました。オンラインによるWEB選書等の選択肢もありましたが、学生との触れ合いや学びのコミュニティ作りを念頭に、感染症対策を十分に行ったうえで対面による実施としました。会場も例年は天神や博多の書店であったところを、今回は学内の紀伊国屋ブックセンター(C棟1F)にて実施としました。
参加した学生達は希望本リストを持参して早速選んだり、ブックセンターの棚をじっくりと見て回りつつ選ぶ等、それぞれに本を選ぶ体験を楽しんでいました。

学生選書ツアーとは

大学の図書館に配架する(並べる)図書(本)は通常、書店からそれぞれの学科の教員・担当者が必要に応じて必要な本を選び(選書)、購入を行う形となっていますが、選書ツアーでは学生が図書館に配架する本(自分達が読む本)を実際に書店に行って選びます。近年は本を選ぶだけでなく、自分が選書した本の紹介文を考案することや、希望者には図書館の中での展示(コーナー)の制作に携わる等の活動も行っています。

学生選書ツアーの背景

●学生が本に触れ、知識の会得やアップデートする「きっかけ」を作ること
●大学生が日々利用する図書館の図書(本)を学生の目線で選んで頂き、利用者ニーズに沿った図書(本)を配架(並べる)すること
●どんな本が自分や自分の学科、大学全体に必要か考え、選書頂くことで学生が図書館のより良い運営に参加すること
等を目的として、2009年度より実施しており、今回で24回目となります。通常は6月と11月の2回実施し、2019年度は180冊が選書され、配架されました(2020年度は、コロナ禍のため中止)。選書ツアーで選書された本は人気も高く、借りられる頻度が高い傾向にあります。
この学生選書ツアーで選ばれた本は、後日 図書館内でコーナーをつくり企画展示が行われる予定です。

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

お問い合わせ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

トピックス   2021/07/21