入学受入の基本方針(アドミッションポリシー)
社会環境学専攻

入学受入の基本方針(アドミッションポリシー)

 社会環境学研究科では、入学者として次のような能力と資質を持つ学生を国内外から広く受け入れます。

  1. 学部レベルよりもさらに広く深く勉強したいという人
  2. 母国に帰って、あるいは外国で活動したいと考えている留学生 
  3. 社会で活動しているなかで一層の能力向上を図ろうという人
  4. 社会人であれば、更なる問題解決能力やコミュニケーション能力を身につけるなど、自己実現の意識が高い者
  5. 留学生に関しては、日本語能力試験(JLPT)N2以上程度の日本語能力を有する者

 なお、本研究科への入学は、環境に関する諸問題に関する基礎知識を有していること、環境に関する諸問題を総合的に理解し、その解決方法の立案・実践について深く学ぼうとする強い意欲を持つことが必要とされます。