教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
社会環境学専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

 社会環境学研究科では、環境調和型の社会構築に貢献できる高度な専門性を備えた職業人を育成することを目的として、環境に関する諸問題、幅広い視野、企業や社会全体の仕組み、環境調和型の社会、に関連するそれぞれの知識と技術を習得させる2つの区分を設けています。基礎科目の区分では、環境に関する諸問題および幅広い視野について学修します。専門科目の区分では、経済経営系・法律行政系の2系統から、企業や社会全体の仕組みおよび環境調和型の社会について学修します。

 このような、講義、演習、特別研究からなるカリキュラムを準備し、以下の指針の下で教育研究を行います。

  1. 環境に関する諸問題に関する経済経営、法・政策を中心に高度な専門知識
  2. 環境に関する諸問題に関する先進的理論や動向を迅速かつ正確に理解するための日本語・英語文章読解能力
  3. 職業人として組織において方策を企画・立案・提案するためのコミュニケーション能力の向上
  4. 修得した知識を実社会に応用する場面において、的確な価値判断のための倫理観の育成