修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)
社会環境学専攻

修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)

 社会環境学研究科の修了生には、環境調和型の社会の実現に貢献できる、高度な専門性が求められる職業を担う人材としての活躍が期待されます。そのため、本専攻は、社会科学及び人文科学の広い視野から環境に関する諸問題を捉え分析していく能力、および環境に関する諸問題に関する理論的学識と問題解決のための方策立案能力を備えた人材の育成を目標とし、以下の学習成果を習得していることを求めます。

  1. 環境に関する諸問題、個人・企業・社会全体の仕組みに関する幅広い知識を身につけている
  2. 研究を進める中で、的確に問題を抽出できる能力、問題解決のために必要な手段を計画できる能力、計画通りに研究を遂行できる能力を身につけている
  3. 実社会の具体的な課題や問題に対して、上記の知識や能力を的確に活用・応用できる能力を身につけている
  4. 積極的に課題解決に取り組み、柔軟な発想、思考に 基づき、研究成果を総合的にまとめ、分かりやすく伝える能力を身につけている
  5. 環境調和型の社会の実現に向けた的確な価値判断ができる正しい倫理観を身につけている

学位審査基準

 次の基準を満たした人に修士(社会環境学)の学位を授与します。

  1. 大学院に2年以上在籍し、所定の単位を修得し、所定の研究指導を受けていること。ただし、優れた研究業績をあげた者については、1年以上在籍すれば足りるものとする。
  2. 研究指導を受けた上、修士論文審査および最終試験に合格すること。