教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
知能機械工学専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

知能機械工学専攻では機械工学、ならびにメカトロニクスに代表される知能的動作をする機械等の機械工学の周辺分野の発展に貢献できる技術者・研究者を育成することを目的として、機械基礎、機械設計、超精密加工,計測制御に関連するそれぞれの知識と技術を習得させる4つの専修区分を設けています。「知能機械基礎学」においては、エンジン、船舶、飛行機などの解析・開発に必要な熱流体分野の先駆的な知識と技術について学修します。「知能機械設計学」においては、高度な機械の解析・開発に必要な機械設計や振動工学分野の先駆的な知識と技術について学修します。「超精密加工学」においては、高精度の機械加工に必要な成形加工や超精密加工分野の先駆的な知識と技術について学修します。また、専修区分を有機的に結びつけることができる総合力を身につけるために、専攻内共通科目を設け、横断的な講義・演習を実施することで機械工学技術の多様な応用手法を学びます。さらに、技術者倫理特論や特別研究を通して、技術者としての倫理観を養成します.このような、講義、演習、特別研究からなるカリキュラムを準備し、以下の指針の下で教育研究を行います。

  • (A) 知能機械工学科のカリキュラムとの連続性に配慮し、高次の専門知識力と周辺分野の知識力の育成。
  • (B) 高次の専門知識と周辺分野の知識を活かした問題発見能力および解決能力の育成。グループワークを円滑にするコミュニケーション能力の向上。
  • (C) 先駆的技術を迅速かつ正確に理解するための英語文章読解能力と研究成果を国際的に公表していくための英語表現能力の向上。
  • (D) 学術成果の社会還元を目的として、学術雑誌掲載を目標とした論文作成能力の育成。
  • (E) 過去の技術的倫理問題の学びを通じて、公衆の利益の優先、持続可能性の確保、真実性の確保、信用の保持、法規の遵守等の技術者としての倫理観の育成。