教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
電気工学専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

 電気工学専攻では、電気系工学・技術の分野において活躍できる、高度な問題解決能力と研究開発能力を備えた技術者・研究者を育成することを目的として、電気基礎学、電気エネルギーシステム工学、情報制御工学、電気機器・パワーエレクトロニクスに関するそれぞれの知識と技術を修得させる4つの専修区分を設けています。
 電気基礎学専修区分では、電気工学のいずれにも共通する基盤学術、すなわち、教育、パルス電磁エネルギー、放電、プラズマ、計測、誘電・絶縁材料、磁性材料、半導体・物性デバイスなどを広範囲に学修し、新しい分野の開拓や先端的基礎技術の修得を目指します。電気エネルギーシステム工学専修区分では、現代の社会基盤・産業基盤を支える、電力系統、発電、送配電、変電、分散型電源、スマートグリッド、電力自由化、直流送電、絶縁、高電圧、エネルギー変換・貯蔵装置、新エネルギー、電力用設備および機器の知識と技術について学修します。情報制御工学専修区分では、電子・情報・システム領域の、生体・医用電子、電子応用、バイオニクス、制御・計測、ロボティクス、ニューロ・ファジー・カオス、最適化、インテリジェントロボット&オートメーション、福祉応用、環境管理などの分野の知識と技術について学修します。電気機器・パワーエレクトロニクス専修区分では、電気機器・パワーエレクトロニクス・制御などの基礎技術から産業・交通運輸・社会システム・家電などの広い応用分野、電気を有効に使う技術から、新たなエネルギーを作り出す技術までの広い分野にわたり学修します。教員の個別指導のもとで着手する特別研究では、より深い専門知識や研究遂行能力、成果発表能力を身につけます。さらに、技術者倫理特論や特別研究を通して、科学技術を応用する場面における的確な価値判断のための倫理観を養成します。

 このような、講義、演習、特別研究からなるカリキュラムを準備し、以下の指針の下で教育研究を行います。

  1. 現代社会のインフラストラクチャである電気エネルギーシステムの構築や運営、電気―機械エネルギー変換システム、電気システムを効率よく稼働させるうえで欠かせない情報制御工学、および各種電気システムを支えるデバイスや電磁気材料などの分野において必要な高度な専門知識と技術の育成。
  2. 修得した知識を、持続性ある社会の構築に向けて応用・発展させることのできる能力の育成。
  3. 共同研究や共同開発等のグループワークを円滑にするコミュニケーション能力の向上。
  4. グローバル産業社会における情報の収集・発信を円滑に進めるための英語能力の向上。