教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
電子情報工学専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

   電子情報工学専攻では、電子素材や電子計測・制御技術研究、インターネットやAI技術を活用したソフトウェア研究開発、各種電子工学技術の融合と応用といった幅広い電子情報技術分野の研究開発に取り組むことのできる高度な専門的職業人材へと育成することを目的として、以下の4つの専修区分を設けています。電子物性工学専修区分においては、スマートフォンなどの情報通信機器を支える電子デバイスについて学修します。電子計測工学専修区分においては、リモートセンシングや電子デバイス開発などに必要な電子計測技術について学修します。電子情報システム専修区分においては、インターネットや画像処理などのネットワークおよびソフトウェア技術について学修します。電子応用工学専修区分においては、広範な電子情報技術を融合した電源・制御回路等の電子システムについて学修します。また、専攻内共通科目の研究発表を主体とした演習科目、共通科目に国際会議発表のための演習科目や技術者倫理特論を設定しています。ここでは、自らの研究内容を分かり易く発表する技術を研鑽することに加え、他分野の研究発表内容について聴講・議論することにより、幅広い電子情報分野の最新技術に接し、自らの研究や電子情報技術が現代社会に与える役割について俯瞰して見る能力を醸成していきます。このような、講義、演習、特別研究からなるカリキュラムを準備し、以下の指針の下で教育研究を行います。

  1. (学部・大学院一貫性教育)学士課程での教育によって得た成果を発展させ、電子情報工学分野における研究開発のために必要な幅広い専門知識を修得させる。
  2. (研究開発能力)特別研究を通じ、問題を発見し纏める能力、問題を解決する能力、システム開発能力、研究開発成果を発表する能力を有する高度な技術者、研究者を育成する。