教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
情報工学専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

 情報工学の分野は基礎となるコンピュータ科学とハードウェア工学、ソフトウェア工学、応用が中心となる情報システム、情報メディアや情報機器の分野の発展に貢献できる技術者・研究者を育成することを目的として、4つの専修区分を設けています。知能情報工学専修区分においては、人工知能と知能情報処理について学修します。知能システム工学専修区分においては、知識のコンピュータモデル化と新しい時代の集積回路を学修します。メディア情報工学専修区分においては、コンピュータ画像処理と情報メディア機器を学修します。ソフトウェア工学専修区分においては、ソフトウェアの開発と利用の方法を学修します。さらに,技術者倫理特論や特別研究を通して,科学技術を応用する場面における的確な価値判断のための倫理観を養成します。このような、講義、演習、特別研究からなるカリキュラムを準備し、以下の指針の下で教育研究を行います。

  1. 深く専門知識を教授し、高度情報技術者を育成
  2. 数学や英語の基礎学力をより堅固なものとし、さらにコミュニケーション力や技術者の倫理感、リーダーシップ力の育成
  3. 研究室を中心とした研究活動を通して、研究開発のための問題解決能力を育成