教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
生命環境化学専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

 生命環境化学専攻では、化学関連の4つの分野である①環境・エネルギー、②物質化学、③バイオ、④食品、各分野の発展に貢献できる技術者・研究者を育成することを目的とし、生命環境化学の専修区分を4つの分野で構成します。①環境・エネルギーの分野では「環境科学」「環境化学」などを、②物質化学の分野では「環境物質科学」「機能物質化学」「固体物質工学」などを、③バイオの分野では「環境生物科学」「環境生物化学」「生物有機化学」「応用微生物学」「分子生物学」などを、④食品の分野では「食品化学」「食品栄養学」などを学修します。また、自然科学の基礎知識をさらに発展させるため、「応用物理学」「応用化学」「応用生物学」「化学物理学」「機器分析化学」を学修します。加えて、国際学会等における発表、並びに、英語論文作成を行なうことができる英語力を養成します。さらに、技術者倫理特論や特別研究を通して、科学技術を応用する場面における的確な価値判断のための倫理観を養成します。各指導教員の下、これらの知識・技能を応用し、各専門領域において自立的且つ主導的な研究を行う能力を身につけることを目標としています。

 このような、講義、演習、特別研究からなるカリキュラムを準備し、以下の指針の下で教育研究を行います。

  1. 生命環境化学科のカリキュラムとの連続性に配慮し、高次の専門知識に基づく問題発見および創造的解決力を育成する。
  2. 先駆的技術を迅速かつ正確に理解するための英語文章読解能力と研究成果を国際的に公表していくための英語表現能力を向上させる。
  3. 学術成果の社会還元を目的として、学術雑誌掲載を目標とした論文作成能力を育成する。
  4. 共同研究あるいは共同開発のグループワークを円滑にするコミュニケーション能力を向上させる。