教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)
システムマネジメント専攻

教育内容の基本方針(カリキュラムポリシー)

 システムマネジメント専攻では、経営・生産および情報メディア分野の発展に貢献できる技術者・研究者を育成することを目的として、様々なシステムの問題発見および問題解決、効率的なシステムの設計・管理・運営に関連する知識と技術を習得させる3つの専修区分を設けています。「経営システム工学」専修区分においては、経営工学、ビジネスシステム、経営情報学について学修します。「生産システム工学」専修区分においては、生産管理、データサイエンス、数理システムについて学修します。「情報メディアシステム工学」専修区分においては、情報メディア工学、情報メディアシステム、応用情報システムについて学修します。さらに、技術者倫理特論や特別研究を通して、科学技術を応用する場面における的確な価値判断のための倫理観を養成します。

 このような、講義、演習、特別研究からなるカリキュラムを準備し、以下の指針の下で教育研究を行います。

  1. システムにおける問題発見能力、工学的アプローチによる構造化・モデル化および解決能力を育成する
  2. 国内外での学術会議での研究発表能力を育成する
  3. 学術雑誌等への掲載を目標とした研究論文作成能力を育成する
  4. 研究遂行のための英語論文読解能力および研究成果をグローバルに発信するための英語論文作成能力を育成する