修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)
システムマネジメント専攻

修了認定の基本方針(ディプロマポリシー)

システムマネジメント専攻では情報技術を基礎に意思決定問題の解決を支援するシステムやそれに付随する方法論を専門的かつ総合的に研究し、基礎と応用の習得に基づく教育を行ない、ソリューション技術者育成を目指しカリキュラムを定めています。修了要件に必要なすべての単位を取得するとともに、特別研究によって得られた研究成果を国内外の学術会議において公表することが必須条件となっております。その上、修士論文としてまとめ学内での論文公聴会を経て審査に合格した場合に修了が認められます。