求める教員像および教員組織の編制方針
大学院概要

大学院として求める教員像

  1. 建学の綱領と教育理念を深く理解し、アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーの 3つの教育方針の実現に貢献する者。
  2. 建学の綱領に基づき、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、科学技術や社会の進歩向上に寄与する人材の養成を行う者。
  3. 人材の養成に関する目的に基づき、研究者および高度な職業人の養成に尽力する者。
  4. 専攻分野に関する一定の研究業績・研究能力を有し、理工学・社会科学の領域で優れた研究を行い、その研究成果を実生活に応用して社会に貢献すべく努力する者。

教員組織の編制方針

  1. 教育理念および人材育成目標達成のために、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づき、大学設置基準、大学院設置基準などの法令に則り十分な教員を配置する。
  2. 教員組織の編制に当たっては年齢、性別およびグローバル化に対応する国際性等の多様性について適切な配慮を行う。
  3. 教員の資格審査及び維持に関しては、「福岡工業大学大学院担当教育資格審査規程」、「大学院工学研究科担当教員資格の審査及び維持基準」および「大学院社会環境学研究科担当教員資格の審査及び維持基準」に基づき、適切かつ公正に運用を行う。
  4. 組織的なFD 活動を実施し、教員の資質向上ならびに教員組織としての多様な活動全般の改善を図る。