学業優秀者を対象とした奨学金制度
学納金・奨学金

学業優秀者を対象とした奨励金支給制度

学業優秀な学部生が経済的な理由等により断念することなく大学院に進学することを促進し、大学院における教育研究の高度化を図るために、大学院修士課程在籍期間中に奨励金を支給する制度です。

奨励生の特典 毎月8万円の奨励金を支給
(最大24ヶ月支給されます)
採用者数 各専攻1学年当たり2名以内
奨励生の基準 1.学部の成績(GPA又は平均点等)が所属学科の学年上位10%以内、又は学年上位10位以内であること。
2.本学大学院に進学する明確な意思を持ち、大学院推薦入試を受験すること
※留学生に関しては、他の免除制度が適用されておりますので、対象外となります。
奨励生の選考 3年次前期終了後に、奨励生の基準を満たした本学各学部3年次学生の中から奨励生を選考し、奨励生資格を内定する。
他の奨学金との重複について 奨励金と他の奨学金は重複して受給することが可能です。

 

本学独自の学業特待制度

学業特待生の特典 年間授業料半額免除
選考方法 1年次:入学後、英語と数学の共通試験と学部の学業成績により、上位者を1学年9名の範囲内で採用。
2年次:1年次の研究業績・学業成績により採用。
採用期間 1年間毎の採用です。

 

大学院科目等履修生制度

本学大学院へ進学を希望する本学学部4年生で、大学院の授業科目(特別研究を除く)の履修を志願する者に対し、科目等履修生として入学を許可し、単位を授与することができる制度です。この制度は、学部学生に早い段階で大学院教育に触れてもらうこと、さらに大学院進学後の授業の負担を軽減し、研究時間を確保できる等のメリットがあります。
また、単位認定は、大学院進学後に行われます。

出願期間 前期の履修登録期間
後期の履修登録期間
入学金及び授業料 全額免除されます。