ニュースリリース

[生命環境化学科]呉研究室4年生が「国家資格」『環境計量士(濃度関係)』に合格

生命環境化学科4年の学生が国家資格である『環境計量士』(濃度関係)の試験に合格しました。
環境計量士は地球環境を守ることを目的に、大気や水中の汚染物質、騒音や振動の大きさなどを計測する専門性の高い国家資格です。また環境計量士の資格は、(濃度関係)と(騒音・振動関係)の2種類に分かれており、合格率は15%程度の難関資格です。
現在新規の分析技術の研究に取り組んでいるこの学生は、将来 環境分析の仕事に就くことを目指しており、今回「環境計量士(濃度関係)」の資格を取得しました。
試験対策の勉強としては3か月ほどかけ、過去問を解き、学びを深めました。難易度が高い資格ですが、試験内容は生命環境化学科で学ぶ基礎からの分析化学の内容となるため、1年次よりしっかり知識を身につけておくことが必要だという事です。
また、今回彼は国家資格である「技術士(環境)」の1次試験にも合格しました。2次試験受験には実務年数なども必要になりますが、こちらも難易度の高い資格となります。
今回取得した環境計量士(濃度関係)は、工場から排出されるばい煙、排水や環境(大気・水域)及び工場跡地など土壌の中の有害物質、悪臭物質などの測定および測量管理を行うための資格です。環境計量士による測定が、人間や動物に悪影響を及ぼすレベルであると判断されると水質改善が行われるなど人間や動物が暮らしやすい環境を維持するためにも欠かせない仕事となります。

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2021/04/26