入学受入の基本方針(アドミッションポリシー)
大学院概要

工学研究科アドミッションポリシー

  福岡工業大学の人材育成の目的は、“情報”・“環境”・“モノづくり”で象徴される科学技術分野の教育研究を通じて、優れた創造的能力とセンスで21世紀の社会・産業を支え、発展させることのできる人材を育てることです。この育成目的を踏まえ、大学院工学研究科は、社会のインフラ整備、人間にとって有用なモノの製造とその技術、革新的なコンピュータや情報システムの構築とその技術など、工学および情報工学分野の発展に貢献できる技術者・研究者を育成することを教育目的としています。
 そのために、以下の事項について高い意欲のある学生の入学を期待します。

  1. 自然科学および工学・情報工学に関する基礎学力を有し、学ぼうとする専門領域の学力をさらに高める強い意欲を持つ者。
  2. 工学・情報工学についての国内外の情報を収集し、理解するために必要な英語力を有するとともに、さらにその力を高める意欲を持つ者。
  3. 志望する専門領域で、基礎知識を踏まえて応用研究に取り組むこと、また問題の設定および問題解決の能力を高めることに強い意欲を持つ者。
  4. コミュニケーションの能力を高め、人と協調して問題の解決に当たることのできる能力を身につける意欲を持つ者。

各専攻のアドミッションポリシーは下記ページにてご確認頂けます。

社会環境学研究科アドミッションポリシー

  環境問題は多面的で複雑であり、その解明、解決策の模索には、多方面からの接近が必要です。社会環境学研究科では、環境問題を総合的に理解し、その解決方法を立案・実践できる理論的・実務的能力をもった人材の育成が目指されています。

社会環境学研究科では

  1. 学部レベルよりもさらに広く深く勉強したいという人
  2. 母国に帰って、あるいは外国で活動したいと考えている留学生
  3. 社会で活動しているなかで一層の能力向上を図ろうという人
 

など、多様な人々を受け入れることができる選抜方法・教育体制をとっています。即ち、日本の大学卒業者を対象とする一般選抜に加えて、外国の大学卒業者を対象とする外国人留学生選抜、職業経験等の社会経験を有する人々を対象とする社会人選抜の制度があり、社会人学生には、通常の修士論文に代えて課題研究を選択するコースが準備されています。
 本研究科で学ぶには、環境問題を学ぶための基礎学力を有し、それをより一層深く勉強しようとする意欲をもっていることが必要です。多くの人の進学を期待しています。

各専攻のアドミッションポリシーは下記ページにてご確認頂けます。